債務整理はとても長い期間がかかると思っている人もいるかもしれませんが、早ければ3ヶ月程度の期間で手続きが終了するケースもあります。

ただ、債務整理にもいくつかの方法があり、どの方法を選択するかによってもかかる期間は異なります。

例えば、裁判所を通す個人再生や自己破産は、任意整理と比べると長い期間がかかるでしょう。

また、自己破産以外は債務整理後も返済が必要ですし、債務整理によって信用情報が傷つくとしばらくローンなどを組めない期間も出てくるのです。

今回は債務整理の前に知っておくべき、手続きにかかる期間、返済期間、ブラックリストの掲載期間をまとめました。

債務整理によってかかる期間は異なる!

冒頭でも説明したように債務整理の方法によってかかる期間は異なります。

債務整理にかかる期間の目安は以下の通りです。

  • 任意整理:3ヶ月〜6ヶ月
  • 個人再生:6ヶ月〜1年
  • 自己破産:3ヶ月〜1年

もちろん、個別の状況によって短くなる、長くなることもあるでしょう。ただ、どのくらいかかるのか見通しが立たないと不安ですよね。あくまでも目安ですが、以上のような期間がかかると考えてください。

裁判所を通さない任意整理はかかる期間がもっとも短い

任意整理は裁判所を通さずに債権者と直接交渉するので、スムーズに交渉がまとまれば3ヶ月程度で手続きが完了します。

債権者が多く交渉に時間がかかったり、上手くまとまらなかったりするケースもありますが、長くても半年程度で完了することが多いようです。

一方、個人再生や自己破産のような裁判を通して行う手続きは時間がかかる傾向にあります。

弁護士に依頼すれば自分自身で行うことは非常に少ないですが、一段落するまでは長いと1年程度かかるでしょう。

自己破産は財産の所有状況によっても期間が変わる

自己破産は財産の所有状況などによって「同時廃止」または「管財事件」に分けられます。

返済に充てられるような財産を持っていない場合は基本的に同時廃止という手続きになり、早いと3ヶ月程度で手続きが終了します。

一方、財産の詳しい調査が必要な場合などは管財事件になり、同時廃止よりも時間がかかるのです。

どちらになるかは裁判所が決定しますが、依頼する弁護士に相談すればだいたいの目安は分かるでしょう。

法律事務所に依頼すれば督促はすぐに止められる

どの債務整理でも数ヶ月〜1年程度は期間がかかります。

ですが、法律事務所に依頼すれば、金融機関などの債権者からの督促はすぐに止められるので安心してください。

法律事務所は債務整理の依頼を受けると、受任通知という書類を債権者に対して発送します。

それ以降は法律事務所が窓口になって対応してくれるので、債務者に直接督促が行くことはありません。

債務整理の期間が長引くケースとは?

債務整理の方法ごとに目安の期間はありますが、手続きが長引いてしまうケースもあります。

例えば、次のようなケースはスムーズに進まず、通常よりも時間がかかってしまうでしょう。

法律事務所選びに失敗した場合

小規模な事務所だと対応が遅く、スピーディに手続きが進まないこともあります。

また、中には債務整理が得意でない法律事務所もあるので、そのような事務所に依頼してしまうと時間がかかるかもしれません。

途中で別の債務整理に切り替える場合

当初予定していた債務整理が上手くいかず、別の債務整理に切り替える場合はどうしても時間がかかります。

先ほどの話とも関連しますが、借金問題に強い法律事務所に相談した方が、このような失敗は少ないでしょう。

業者の対応が遅い場合

債務整理を本格的に開始する前に、各金融機関から取引履歴を取り寄せて、引き直し計算という方法で正しい利息を計算します。

取引履歴の開示は貸金業者の義務ですが、どのくらいで開示してくれるかは債権者によって異なります。

早ければ数週間で開示されるものの、1ヶ月以上かかるケースもあるのです。

債権者の中に対応が遅い業者がいると、債務整理にかかる期間は延びるでしょう。

債務整理後の返済にかかる期間は何年?

債務整理の手続きはおおむね1年以内に完了しますが、任意整理や個人再生はその後も返済が必要です。

「債権者と和解して終了」、「裁判で個人再生が認められれば終了」とはいきません。

どちらの手続きも原則3年、最長5年間で減額後の借金を返していく必要があります。

ただし、返済の期間は、任意整理は債権者との交渉結果、個人再生は裁判所が許可を出すかによります。

もし5年かけても完済できないような金額、収入の状況なら、別の債務整理を検討した方が良いです。

債務整理でブラックリストに載る期間

債務整理をするとその記録が信用情報に一定期間、載ることになります。

債務整理のような金融事故が登録されている状況を俗に「ブラックリストに載る」と言い、その間はクレジットカードやローンの審査に落ちてしまうのです。

債務整理をして借金をすべて返したとしても、ブラックリストに載っている間は生活への影響を避けられません。

登録される年数は債務整理の種類、信用情報機関によって異なります。

例えば、銀行などが会員の全国銀行個人信用情報センター(KSC)の場合、個人再生や自己破産の記録は最長10年残ります。

一方、任意整理の記録やシー・アイ・シー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)などに登録されている金融事故の情報は最長5年の登録期間です。

債務整理をすると5年〜10年は信用情報に傷がついた状態になると思ってください。

ブラックリストの登録期間が終了しているかはチェックできる

すでにブラックリストから消えているかは自身の信用情報を見ると分かります。

各信用情報機関は本人からの開示請求に応じてくれるので、ローンを組むときなどは、開示手続きをして債務整理の記録が抹消されていることをチェックすると良いでしょう。

債務整理による社内ブラックにも注意

債務整理をしたという記録は、信用情報機関とは別にクレジットカード会社、ローン会社、銀行などの社内にも顧客情報として残っている可能性が高いです。

そのため、過去に債務整理によって迷惑をかけた金融機関だと、信用情報に問題がなくてもローンやクレジットカードの審査に通らないことがあります。(これを社内ブラックと言います。)

新たにローンなどを契約するなら、過去に取り引きのなかった金融機関を選ぶと良いでしょう。

債務整理にかかる期間は方法によって違う!支払い・ブラックリストの期間にも注意

手続きにどのくらいの期間がかかるのかは、債務整理の方法によって異なります。

まずは、借金問題に強い弁護士事務所に相談をして、どの債務整理が自身の状況に合っているかを知りましょう。

また、自己破産以外の債務整理は、手続き後、残った借金を3年〜5年程度で支払います。

途中で支払えなくなると、債務整理は失敗なので注意してください。

そして、債務整理をすると信用情報に傷がつくため、5年〜10年はローン、クレジットカードを利用できません。

短い期間ではないので、そのこともしっかりと理解した上で債務整理をすることが重要です。