債務整理は借金を減額したり、返済義務を免除してもらったりする手続きですが、デメリットの1つとして「クレジットカードを持てなくなる」という話を聞いたことはありませんか?

これは債務整理をすることで信用情報に傷が付くことが原因です。

ただし、債務整理をすると一生クレジットカードが使えなくなるわけではありません。

どのような場合ならクレジットカードを発行できるのでしょうか?

この記事では、債務整理後にクレジットカードを発行できる条件、そしてクレジットカードが使えないときの代替策について説明していきます。

債務整理をしてもクレジットカードを発行できる

冒頭で話したように債務整理でクレジットカードが使えないのは、信用情報へ金融事故が登録されるためです。

ですが、ずっと使えないというわけではなく、信用情報の登録期間が終了すればまた使えるようになります。

債務整理後、いつからクレジットカードを使えるようになるのでしょうか。

まずは、クレジットカードの使えない期間、およびいつから使えるのかを見ていきましょう。

最低5年程度の期間が経てばクレジットカードを発行できる

信用情報には登録される内容によって、その情報の登録期間が決められています。

クレジットカードが使えるかは信用情報だけで決まるわけではありませんが、信用情報に債務整理の記録が載っている間は使えないと思った方が良いでしょう。

債務整理に関しては、信用情報の登録期間が5年間~10年間です。(信用情報機関、登録内容によって年数は異なります。)

例えば、任意整理をしたなら5年の経過で信用情報への影響はなくなります。

クレジットカードを使えるかは審査結果によるものの、少なくても最低5年の経過で、クレジットカードがまた使えるようになるでしょう。

同じクレジットカード会社ではクレジットカードを新規発行できない

債務整理をしても最低5年の経過で信用情報への影響はなくなります。

ただし、債務整理によって解約されたクレジットカードの場合、期間をおいても新規発行できないと覚悟してください。

債務整理や強制解約などは信用情報に登録されますが、前述の通り、指定年数が経過すれば信用情報からは消えます。

その一方で、「債務整理によって強制解約した顧客である」という記録は、そのクレジットカード会社の内部で保管されている可能性が高いです。

社内情報なので別の会社のクレジットカードなら使えるでしょうが、同じクレジットカードをまた使えるようにするのは厳しいでしょう。

このような状態を「社内ブラック」といい、信用情報と異なって登録期間が決められていないので注意が必要です。

クレジットカードを使えるかは審査次第ですが、解約された同じカードは使えないと思った方が良いでしょう。

債務整理をすると持っているクレジットカードの更新もできない?

債務整理の対象としたクレジットカードはすぐに使えなくなりますが、手続きの対象から外れたクレジットカードならそのまま使えるのでしょうか。

実は、債務整理の対象から外したクレジットカードはすぐに解約されなくても、更新などのタイミングで使えなくなる可能性が高いです。

クレジットカードは作る際の審査に加えて、途上与信と呼ばれる定期的な信用情報チェックも実施しています。

債務整理をすれば信用情報にその記録が登録されるため、途上与信のタイミングで解約されるケースもあるのです。

また、クレジットカードの更新も同様です。

更新にも審査があり、これまでの取引状況や信用情報をもとに更新しても大丈夫かを判断します。

債務整理をした場合、たとえこれまでの利用に問題がなくても、更新されずにクレジットカードが使えない状態になることもあります。

どのような対応を取るかはクレジットカード会社次第ですが、債務整理は手続きの対象から外したカードにも影響があり、更新も難しいと考えた方が良いでしょう。

債務整理をしてクレジットカードが使えないとき代用できるカード

債務整理をするとクレジットカードを最低5年間は作ることができず、これまで持っていたカードも使えない状況になるでしょう。

そのときにクレジットカードの代用になるのが次の3つです。

【クレジットカードが使えない期間の代用カード】

  • クレジットカードの家族カード
  • デビットカード
  • ETCパーソナルカード

クレジットカードの家族カード

自分自身でクレジットカードを作ることはできなくても、配偶者や同居する両親のクレジットカードで発行できる家族カードなら持てます。

家族カードの場合、審査対象になり、責任を持って支払いをするのは契約者である家族(配偶者や両親)なので、自分自身が債務整理をしていても持てるのです。

債務整理で影響があるのは自身の信用情報だけで、家族の信用情報へはまったく影響ありません。

家族カードなので誰でも持てるものではありませんが、1つの選択肢になるでしょう。

デビットカード

デビットカードは銀行口座と紐付き、決済と同時に口座からお金が引き落とされます。

クレジットカードのような後払いではないため、債務整理をした方もデビットカードならすぐに発行できるのです。

決済と引き落としが同時なので少し不便な面も出てくるかもしれませんが、キャッシュレス決済を希望する人にとっては良い方法だと思います。

ETCパーソナルカード

最後は高速道路の料金をスムーズに支払うためのETCカードですが、ETCパーソナルカードなら債務整理をしていてもすぐに発行できます。

ETCパーソナルカードは通常のETCカードと違って、クレジットカード加盟店でショッピングに利用することはできません。

高速道路料金を支払うための専用カードで、契約時に保証金を預けます。(デポジット)

高速道路の利用金額によって保証金は異なりますが、デポジットがあるため、債務整理をしている方もETCパーソナルカードなら持てるのです。

「ETCカードがないと不便…」という方には、ETCパーソナルカードがおすすめです。

ブラックリストに載るとクレジットカード審査に通りにくくなるので注意

債務整理をするといわゆるブラックリストに載っている状態になり、クレジットカードの審査に通りづらくなるのは事実です。

手続きの対象になったクレジットカードが解約になるだけでなく、信用情報を通じて支払いに問題がなかったカードの契約にも影響します。

途上与信や更新のタイミングで解約になるケースもあるでしょう。

ただし、債務整理をしてもまたクレジットカードを作ることは可能です。

債務整理をしても5年間〜10年間が経過すると信用情報から記録が削除されるため、またクレジットカードを作ることができます。

いつからクレジットカードを作ることができるかは、債務整理の内容などによっても異なりますが、その影響はずっと続くわけではありません。

その一方で、債務整理の対象になったクレジットカード会社の内部で保管される情報については、保管期間が決まっていないので注意してください。

同じクレジットカードの場合、いつから作れるようになるかは一概にいえませんし、もしかしたらずっと作ることができないかもしれません。

債務整理をしても一定年数が経てばまたクレジットカードを作ることができますが、その際は過去に契約・解約のないクレジットカード会社で作るのが良いでしょう。