任意整理は債務整理の中でも多くの人が選択している方法ですが、クレジットカードが使えなくなるというデメリットは他の債務整理と共通です。

これは、任意整理をするとその記録が信用情報に登録されるためです。

ただ、一生カードを持てなくなるわけではありません。

信用情報には登録期間があるので、その期間が経過すればまたクレジットカードを作れます。

一体、どのくらい我慢すればクレジットカードを持てるようになるのでしょうか?

この記事では、任意整理によるクレジットカードへの影響について説明していきます。

任意整理しても今持っているクレジットカードなら使える?

まずは、任意整理は今持っているクレジットカードにも影響があるのかについて説明します。

任意整理はカードローンなどのローンだけでなく、クレジットカードも対象にできます。

社会人であれば少なくても1枚はクレジットカードを持っている人が多いと思いますが、今持っているカードはそのまま使えるのでしょうか?

任意整理すれば解約になる可能性が高い

結論からいうと、任意整理すれば今持っているカードも解約されてしまう可能性が高いです。

これは任意整理の対象に契約中のクレジットカードを含めない場合も同様になります。

任意整理したクレジットカードは当然使えなくなりますが、対象から外したカードも解約されるケースが多いです。

今は使えても更新されない場合もある

先ほども説明した通り、任意整理をするとその記録が信用情報に載ります。

クレジットカード会社は契約者の信用情報を定期的に確認しているため、任意整理の直後は使えていても、途中から使えなくなることもあるのです。

例えば、クレジットカードの更新では、信用情報が確認されます。

自動更新だと審査なしのように勘違いしやすいですが、信用情報に問題があれば更新されないと考えてください。

任意整理後はクレジットカードでの携帯料金や公共料金の引き落としにも注意

クレジットカードで携帯電話料金や公共料金を支払っている人も多いですよね。

お店やネットでの買い物ならクレジットカードが使えないことにすぐ気づきますが、携帯料金や公共料金は引き落としできないと分かるまでにタイムラグがあります。

任意整理する前に過去の利用明細を確認して、毎月自動的に引き落とされているものがないかをチェックしてください。

クレジットカードで支払っているものがあるなら、あらかじめ決済方法を口座振替などに変更しておきましょう。

任意整理後、いつからクレジットカードを作れる?

任意整理をすると今持っているクレジットカードが使えなくなるだけでなく、新規契約も難しくなります。

信用情報に任意整理の記録が載っている状態は、俗にブラックと呼ばれる状態です。

その間は、ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりできません。

ただ、任意整理の登録期間が終了すれば、記録は自動的に削除されます。

その後であれば、またクレジットカードを作ることは十分に可能です。

新規でクレジットカードを作れるのは約5年後

任意整理の登録期間は5年間です。

その間は信用情報に任意整理の記録が載っているため、クレジットカードの新規発行を申し込んでも審査に落ちるでしょう。

自己破産や個人再生といった他の債務整理だと10年間影響が残ることもあるので、それに比べると影響がある期間は短くなります。

クレジットカードを新規契約できるのはいつから5年?

任意整理の登録期間は5年ですが、注意したいのは「いつから5年か」です。

信用情報が回復するのは、信用情報機関に任意整理の情報が登録されてから最長5年とされています。実は、信用情報機関によって登録のタイミングが異なるので注意してください。

「任意整理を弁護士に依頼してから5年」と勘違いしている人もいますが、基本的に任意整理後、残りの借金を完済してから5年だと思った方が良いでしょう。

自分の信用情報を正確に知りたいなら、信用情報機関での開示手続きをおすすめします。

過去に任意整理したクレジットカード会社との再契約は難しい

任意整理で傷ついた信用情報は5年程度で回復しますが、その後も、過去に任意整理したクレジットカード会社との再契約は厳しいと考えてください。

任意整理したクレジットカード会社は信用情報を照会しなくても、自社の顧客情報を見れば任意整理したと把握できます。

そのため、いくら信用情報がキレイでも、任意整理したと分かっている人は審査に落とす可能性が高いです。

このような状態を社内ブラックといいます。

審査に通すかどうかは、審査をするクレジットカード会社の判断次第なので結果は分かりませんが、別のクレジットカード会社での新規契約を考えた方が良いでしょう。

任意整理後、クレジットカードがなくて不便な場合の対処法

任意整理をするとしばらくはクレジットカードを持てません。

再び借金で困らないためには、借り入れをせずに、現金だけで生活することも大切かもしれませんが、キャッシュレス化が進む中で現金のみは不便ですよね。

確実なのは信用情報が回復してからクレジットカードを作ることですが、次のようなキャッシュレス決済の方法ならすぐに利用できます。

  • 電子マネーなどのプリペイド決済
  • デビットカード

任意整理でクレジットカードが作れなくなるのは、後払いの決済方法だからです。

事前にチャージしておく電子マネーなどのプリペイド決済、もしくはデビットカードのように決済と同時に口座から引き落とされるタイプなら信用情報を使った審査はありません。

チャージされている金額、口座残高の範囲内での買い物にはなりますが、現金だけで生活するよりは便利でしょう。

また、配偶者や両親の本会員のクレジットカードで、家族カードを発行してもらうという方法もあります。

自身の信用情報が回復するまでは、このような代替手段も検討してください。

任意整理すると5年程度はクレジットカードが使えないので注意

任意整理は信用情報機関に5年ほど記録が残ります。

その間、クレジットカードを新規契約することは難しく、もともと契約していたカードも解約になる可能性が高いです。

債務整理をする以上は避けられないデメリットですが、ずっとクレジットカードを持てなくなるわけではありません。

信用情報から任意整理の記録が削除されれば、クレジットカードの審査に通る可能性は十分にあります。

信用情報がブラックでもデビットカードなどは持てるので、しばらくはクレジットカードを使わずに生活しましょう。