借金問題を解決する手段として任意整理は有効ですが、任意整理後の生活、影響についてはちゃんと理解していますか?

任意整理は債権者と和解できれば借金問題がすぐに解決するわけではなく、その後は、和解内容に従って残りの借金を返していかないといけません。

また、任意整理をすると信用情報に記録が残るため、クレジットカードや住宅ローン、カードローンなどの各種ローンの利用にも影響があるのです。

弁護士や司法書士に依頼する前に、任意整理後はどのような生活になるのか、いつまでその影響が残るのかも知っておきましょう。

この記事では、任意整理後の生活で気になる様々な点について解説していきます。

任意整理後も3年~5年は分割での返済が毎月続く

まず、任意整理後、目安として3年間〜5年間は借金の返済が続きます。

任意整理というのは、利息のカット、元金の3年間〜5年間での分割返済を目指して債権者と交渉する債務整理です。

交渉自体は弁護士や司法書士が進めてくれるので心配いりませんが、自己破産のように借金がなくなるわけではありません。

返済の方法は依頼した法律事務所によっても異なります。

事務所に毎月一定額を積み立てていき、債権者への返済は事務所が代行してくれるようなケースもあります。

任意整理は複数の債権者を対象にすることも多いので、自分で支払いをするとなると管理が大変です。

支払い忘れによる滞納を防ぐためにも、頼めるのであれば事務所に代行してもらっても良いでしょう。

ただし、事務所によっては手数料がかかるので、その点も確認してください。

任意整理後はクレジットカードを利用できない

任意整理後はクレジットカードが利用できないと思ってください。

任意整理の対象にしたクレジットカードは解約されてしまうでしょうし、対象から外したクレジットカードも使えなくなる可能性があります。

クレジットカード会社は定期的に契約者の信用情報をチェックしていて、そのときに任意整理の記録が見つかると、クレジットカードが使えなくなることもあるのです。

また、クレジットカードの新規発行についても、しばらくはできなくなります。

クレジットカードを利用できない期間は5年程度

任意整理をするとその記録が信用情報に載ります。

情報が残る期間は5年程度で、その間はクレジットカードに申し込んでも、審査に通りません。

一定期間が経過すると任意整理の記録は信用情報から削除されるものの、その間はクレジットカード以外の支払い方法を利用しましょう。

クレジットカードは利用できないが代用できるカードはある

信用情報がブラックになっている間はクレジットカードを利用することはできませんが、それは「現金払いしかできない」という意味ではありません。

例えば、電子マネー、スマホ決済、デビットカードなどは利用できます。

基本的にプリペイド、または口座からの即時引き落としの決済方法ですが、クレジットカードが使えない間はそれらで代用すると良いでしょう。

任意整理後にローンを組むのは難しい

任意整理後はローンを組むのも難しくなります。

クレジットカードと同様に、ローンの審査でも信用情報をチェックするので、そのときに任意整理の記録が載っていると審査通過できない可能性が高いです。

また、債務整理は借金生活から抜け出し、生活を再建するのが目的の手続きなので、任意整理後はできるだけ借入に頼らない生活を心がけるべきでしょう。

任意整理後、すぐに借入できてしまうと、せっかく債権者と和解できてもまた借金を増やしてしまうかもしれません。

5年程度が経過すれば信用情報から任意整理の記録は消えますが、借入は慎重に検討してください。

住宅ローンや自動車ローンを返済中に他の借金を任意整理しても住宅と車は残る

任意整理は対象を選択できるので、返済中の住宅ローンや自動車ローンを手続きから外せます。

住宅ローンや自動車ローンは住宅や車が担保になっているため、債務整理の対象にするとそれらを手放さないといけません。

ただ、住宅、車を没収されるとなると、生活への影響はかなり大きいですよね。

任意整理なら対象を他の借金だけにすれば、住宅ローンや自動車ローンについてはそのまま返済を続けられます。

その一方で、ローンの残っている住宅や自動車を持ち続けるということは、これまでと同じ金額を毎月支払っていくことでもあります。

住宅ローンや自動車ローンが家計を圧迫しているなら、無理にそれらを残さずに、減額効果の大きい個人再生や自己破産といった別の債務整理の検討などもすべきでしょう。

賃貸契約はできるけど保証会社がついていたら注意!

信用情報を確認できるのは信用情報機関に加盟している銀行、消費者金融などの金融機関です。

そのため、賃貸契約時の入居審査へは基本的に影響しません。

ただし、物件によっては保証会社の利用が必要なケースもありますよね。

その保証会社が信用情報機関に加盟していることもあるので、その場合は、審査に通らず賃貸契約を結べないこともあります。

任意整理後に携帯電話の契約はできるが分割購入はできない

任意整理後のデメリットとして、一定期間、クレジットカードやローンを使えなくなることはよく知られていますが、実は携帯電話の分割購入もできません。

端末を分割購入するのにも信用情報を利用した審査があり、信用情報がブラックだと難しいのです。

ただし、携帯電話の契約自体はできます。

信用情報を利用した審査があるのは端末代金を分割払いで支払う場合なので、端末を変えるのであれば一括で支払いましょう。

新品だと高額でなかなか現金一括払いは難しいかもしれませんが、「中古端末を購入する」、「家族に契約してもらう」などの方法もあります。

任意整理後に支払いを滞納しそう…こんなときどうすれば良い?

任意整理後も3年間〜5年間は返済が続くわけなので、その間に収入が減ったり、ケガや病気で働けなくなったりする可能性もあります。

もし任意整理後の支払いを滞納しそうな場合は、どうすれば良いのでしょうか?

まず、少しでも滞納してしまいそうなら、任意整理を依頼していた法律事務所に相談してください。

滞納が続くと一括返済請求を受けるため、対応策を話し合いましょう。

何とか滞納を回避する方法はないのかや、状況次第では、債権者との再度の交渉、前回の手続きでは対象にしなかった債権者との交渉なども選択肢になります。

それでも難しい場合は、個人再生や自己破産といった別の債務整理を依頼することも可能です。

個人再生や自己破産をするとなると、また費用も時間もかかりますが、どうしても返済ができないケースでは有効でしょう。

任意整理後の支払いを滞納しそうな場合は、すぐに法律事務所に相談してください。