過払い金請求を考えているものの、リスクがありそうで手続きに踏み切れていないという方はいませんか。

確かに、過払い金請求というと手続きが面倒そうですし、お金が返ってくる分、何かしらのリスクがあると疑う気持ちも分かります。

しかし、過払い金請求に大きなリスクはなく、むしろ過払い金があるのに手続きしないデメリットの方が大きいでしょう。

この記事では、過払い金請求をするにあたり知っておきたいリスクについてまとめました。

過払い金請求のリスクには間違った情報もあるので、正しい知識を身に付けた上で手続きをしてください。

過払い金請求をすると信用情報に傷が付くリスクはある?

過払い金請求のリスクでもっとも心配なのは信用情報だと思います。

例えば、自己破産や任意整理といった債務整理を行った場合、信用情報にはその記録が載ります。

これがいわゆる「ブラックリストに載った」、「信用情報がブラックになった」状態です。

しかし、完済した借金で過払い金が見つかった場合、返還を請求してもそれが信用情報に載ることはありません。

昔は過払い金の請求も信用情報に載りましたが、現在では、完済した借金の過払い金については影響がないので安心してください。

その一方で、まだ返済中の場合、クレジットカードの場合の過払い金請求には知っておくべきリスクがあります。

返済中の借金を過払い金請求したときにブラックリストに載るリスク

まだ借入残高のあるローンで過払い金を請求する場合、ケースによってはブラックリストに載ってしまいます。

過払い金で借入残高を清算できた場合

過払い金を取り戻した結果、その金額が借入残高を上回ったとします。

このようなケースでは、過払い金によって借入残高が清算され、信用情報はブラックになりません。

過払い金で借入残高を清算できない場合

注意すべきなのは過払い金で借入残高を相殺できないケースです。

例えば、借入残高が100万円の状態で過払い金請求を行い、40万円の過払い金を取り戻したとします。

そうすると、相殺した結果、借入残高は60万円になります。

このようなケースは債務整理と同様の扱いになるため、信用情報への影響があるのです。

借入残高が高額なケースでは、過払い金を請求するかどうか、および請求するタイミングを慎重に検討してください。

クレジットカードの過払い金請求したときのリスク

信用情報への影響ではありませんが、過払い金の請求をすることで利用していたカードが使えなくなるケースもあります。

過払い金はクレジットカードのキャッシングでも発生します。

過払い金請求をすることで、そのクレジットカードのキャッシング枠だけでなく、ショッピング枠の利用もできなくなるのです。

ただし、これはクレジットカード単位での話であり、信用情報がブラックになることとは違って、別の金融機関の審査への影響はありません。

また、過払い金請求によって利用停止などの対応を取るかは業者によっても判断が分かれます。

これまでの取引履歴が良好なら大丈夫かもしれませんが、利用停止のリスクもゼロではないことを覚えておきましょう。

手続きを後回しにして過払い金が取り戻せなくなるリスクにも注意

前述の通り、完済した借金の過払い金を請求するなら信用情報へのリスクはありません。

ただし、「リスクがないなら、そのうちやろうかな」と悠長に構えてはいられません。

過払い金には時効があり、取り引きがないまま一定年数が経過すると請求する権利が失われるのです。

また、度重なる法改正で資金繰りが悪化している貸金業者もあるといわれています。

特に小規模で独立経営の街金などは倒産する可能性もあります。

貸金業者の倒産によって過払い金を取り戻せなくなるリスクもあるのです。

過払い金が発生している可能性があるなら、早めに専門家へ調査を依頼すべきでしょう。

自分で過払い金請求をすることで返還率が下がるリスク

過払い金請求は自分自身でも行えますが、その場合、弁護士などの専門家が行うよりも返還率が下がるリスクはあります。

過払い金は、必ず満額が返ってくるとは限りません。

過払い金のうち実際に返還される割合を返還率といいます。

例えば、過払い金が100万円で、全額を取り戻せば100%、50万円が戻ってきたなら50%、30万円が戻ってきたなら30%というわけです。

意外かもしれませんが、過払い金を満額回収できないケースもたくさんあります。

過払い金請求は、最初は裁判所を通さずに任意で交渉をすることも多く、その場合、手続きはスピーディですが満額回収は難しいでしょう。

たいていは過払い金の50%〜80%程度での和解が持ちかけられます。

貸金業者としては「払わなくて良いなら、払いたくない(少なくしたい)」というのが本音で、満額回収を望むなら「それでは、訴訟で返還条件を争いましょう」ということになるのです。

もし満額、またはそれに近い金額を取り戻すなら、弁護士などの専門家に依頼をして、訴訟によって過払い金請求をすることになるでしょう。

過払い金請求をすることで借金が家族にバレるリスクはある?

見落としがちですが、過払い金請求することで家族に借金がバレるリスクもゼロではありません。

そのリスクを回避するなら、弁護士や司法書士などの専門家に依頼してください。

過払い金請求の経験が豊富な事務所なら、顧客のプライバシーへも十分に配慮してくれるはずです。

また、相談、依頼するときに「家族にバレないように手続きしたい」と伝えておけばより安心でしょう。

過払い金の請求は費用面でのリスクも小さい

過払い金請求をするにあたり「弁護士に依頼するとお金がかかりそう」と費用面のリスクを心配している人もいるでしょう。

実は、過払い金の請求は、費用面でのリスクがとても小さいのです。

成功報酬で取り戻した金額の◯%などと決められているのが一般的で、調査した結果、「過払い金が発生しておらず損をする」ということはありません。

過払い金に関しては無料で相談、調査をしてくれる事務所もあります。

まずは無料相談をして、いくらの過払い金があり、どのくらいの費用がかかるのかを確認してください。

過払い金請求はほぼリスクなし!まずは過払い金があるかを調べてもらおう

返済中の借金だと過払い金請求によって、信用情報に影響が出るリスクはあります。

しかし、過払い金によって借入残高を減らせますし、完済済みの方ならその心配もいりません。

過払い金が戻ってくるのは、本来なら払う必要のないお金を利息として支払ったからです。

この記事で説明してきたように過払い金請求に大きなリスクやデメリットはないので、まずは法律事務所で過払い金が発生しているかを調べてもらってください。