過払い金請求を考えている人は弁護士に依頼しましょう。

実は、過払い金請求は司法書士も扱えますが、弁護士に依頼するメリットはたくさんあるのです。

過払い金請求における司法書士と弁護士の違い、弁護士に依頼するメリットについてまとめました。

「過払い金請求は誰に依頼すれば良いのかな?」、「弁護士探しのコツを知りたい!」という方はぜひ参考にしてみてください。

過払い金は弁護士にも司法書士にも依頼できる

過払い金は払いすぎた利息のことで、弁護士に相談することで取り戻せます。

依頼は法律事務所にすることになるでしょうが、過払い金請求は弁護士でも、司法書士でも取り扱えます。

借金に関係する問題は弁護士のイメージが強いかもしれませんが、法律が改正されたことで、司法書士も過払い金請求ができるようになりました。

司法書士の本来の仕事は書類を作成することですが、法務大臣から認定を受けると、弁護士のように依頼主の代理人として裁判ができるのです。

弁護士と司法書士の違いって何?

そもそも弁護士と司法書士は仕事の内容が違います。

弁護士は法律に関する相談に乗る、助言をするという仕事の他、依頼主の代理人として裁判に出ることができます。

例えば、本人の代わりに申し立ての書類を作成する、裁判や調停に参加することも可能です。

その一方で、司法書士は書面の作成がメインです。

法律が関係する問題の書類を作成したり、その書類作成について相談を受けたりはできますが、弁護士に比べて行える業務の内容が制限されていると思ってください。

弁護士はすべての手続きを代行してくれ、司法書士は書類作成に関する部分を代行してくれると考えると分かりやすいでしょう。

また、このような違いがあるので、一般的には司法書士は費用が弁護士よりも安いといわれています。

ただし、そもそもの仕事内容が違い、事務所によっても報酬の金額は違います。

過払い金請求だと大きくは変わらないケースもあるので、気にする必要はあまりないかもしれません。

簡裁代理権が認められている認定司法書士とは?

基本的に司法書士は裁判で代理人になることができないものの、研修を受け、法務大臣によって認められた「認定司法書士」なら、簡易裁判所の民事訴訟などに限り代理権が認められています。

この簡裁代理権を持っている認定司法書士であれば、過払い金の裁判で依頼主の代理人になることができるのです。

ただし、司法書士の場合は「裁判で争う金額が140万円を超えない場合に限る」という制約が付きます。

多額の過払い金があるケースでは、司法書士が扱えないことがあるので注意してください。

この点は弁護士に依頼するメリットの中でも説明していきます。

過払い金を弁護士に依頼すればこんなメリットがある?!

過払い金請求を弁護士に依頼するメリットには、次のようなものがあります。

  • 必要書類は弁護士が全部やってくれる
  • 貸金業者への難しい交渉も弁護士にお任せ
  • 140万円の制限はないので取り戻せる金額が増えるかも

※ 必要書類の作成、貸金業者との交渉は司法書士でも可能です。

必要書類は弁護士が全部やってくれる

弁護士は依頼主に代わってすべての手続きを進めてくれるので、過払い金請求に必要な書類の作成も弁護士がやってくれます。

依頼主は弁護士からの質問に答えたり、指示された書類を用意したりするだけと、自身にかかる負担がとても小さいのもメリットです。

貸金業者への難しい交渉も弁護士にお任せ

過払い金請求は(裁判外で)債権者と任意交渉をするか、裁判で争います。

まずは、任意交渉での解決を図ることが多いのですが、そのときに重要なのが交渉力です。

過払い金を請求しても100%全額が戻ってくるわけではありません。

貸金業者側は減額しての和解を提案することも多いのです。

借金問題を専門に扱っているような弁護士なら、このようなケースも安心して交渉を任せられるでしょう。

140万円の制限はないので取り戻せる金額が増えるかも

先ほどもいいましたが、司法書士が扱えるのは140万円までとされています。

そのため、140万円を超える分は、司法書士だと取り戻すことができません。

また、手続きの途中で140万円を超えることが分かった場合、途中から弁護士に依頼したり、自身で交渉や裁判を進めたりする必要があるのです。

手間もかかる上に、着手金や相談料を払っているなら、その金額は無駄になってしまうでしょう。

だから、過払い金請求は最初から弁護士に相談するのがおすすめなのです。

過払い金の額によっては、戻ってくる金額が増えて結果的に得するかもしれません。

過払い金でトラブルになる悪徳弁護士に注意!

過払い金請求は法律の専門家である弁護士に依頼するのがおすすめです。

ただ、過払い金請求を依頼した弁護士とトラブルになってしまうケースもあるので注意してください。

あまりよく調べずに相談する法律事務所を決めてしまうと、悪徳な弁護士に引っかかってしまうかもしれません。

例えば、実際に次のようなトラブルが過去に報告されています。

  • 費用の説明が不十分で後から追加料金を請求された
  • 依頼人の意向を無視して勝手に和解を進める
  • 依頼したのに手続きがぜんぜん進まない
  • 過払い金請求の進捗状況を報告してくれない
  • いくらの過払い金を取り戻せたのか詳しい説明がない

もちろん、ほとんどの弁護士さんは依頼者のために全力で問題の解決を目指してくれます。

ですが、トラブルがあったのも事実なので、無料相談を利用して事務所の雰囲気を確認したり、口コミなどで実際に依頼した人への対応が良いもチェックしたりしましょう。

過払い金請求は弁護士への依頼がおすすめ!まずは無料相談を利用しよう

過払い金は弁護士や司法書士に依頼できます。

ただし、弁護士なら手続きをすべて行ってくれますし、金額に関係なく過払い金請求が可能です。

過払い金請求で支払う報酬は司法書士に依頼すると少し安めになることもあります。

その一方でデメリットもあり、司法書士は140万円を超える過払い金請求を扱えません。

取り戻せるはずの過払い金を一部諦めたり、弁護士に依頼し直したりするのは、時間もお金もかかりますし、もったいないです。

まずは弁護士事務所の無料相談で過払い金の相談をしましょう。